Header Ads

(etc)メモ

---Resolume---

・v3.2(Quartz 対応)のリリースは3ヵ月後
・レイヤー数無制限はResolumeだけ
・mac対応はv3からだが、既にユーザーの3割以上がmacユーザーらしい
・VSTエフェクトまでサポートしているVJソフトは今のところResolumeだけ
・再生モードの「ランダム」は、カオスな音楽にとてもフィットするらしい。デジタルノイズ系とかの事かな?

もともとPCベースで開発していただけあって、自由な感じがした。
妙なところで機能制限をかけないのはありがたい。

---GrandVJ v1.2----
・CoreAudio/Asioに正式対応→バッファーを手動で変えれるのでほぼレイテイシー0にできる。しかし、パッドを連打するとかなりの確立でフリーズする。しかも、強制終了すらできなくなるのでmacの電源オフという荒業になる。当分はGrandVJ and ableton LIVEのRewireの方が安心。
・QuartzエフェクトのパラメーターもMIDIアサインできるのは便利。
・APC-40との双方向通信する時は、GrandVJのFeedbackタイプとMIDIoutの両方をAPC-40につながないといけない。(マッキーコントロールとほぼ同じ作業)
・APC-40とつなぐと、エフェクトのパラメーターも光るから分かりやすい。
・ミキサーのセッティングも保存できるようになったので、マッピングしてる時に便利
・ポジションを数値で直接入力できないのは相変わらず。微調整はマウスでがんばるしかないか。。。

No comments

Powered by Blogger.