Header Ads

what color today / amber / Paris

sometimes, what to memorize is more important than what to see.

The person watching too much darkness will become the part of darkness.
The person watching the only surface of this world will pay the rent of domination sooner or later.

sometimes, the justice for the indivisual have the conflict with the justice for the society.
I always want to be close to the person who is in the middle of the dugout of this confliction.
Because I know there is very thin difference between the unfortunate sacrifice and the daily city life.

I 'm always living on the border,so  I need the reason to keep being this side.
I always feel thx to the people who gave me the reason.


何を見たかよりも、何を記憶に残すと決めたかの方が大事な時もある。

闇を見つめ続ける人は闇と同化し、社会の上澄みしか見続けない人は幸せな人生を途中まで歩むが、踏みつけ続けた足元の怨嗟の声にやがて向き合う。例え本人の代でなかったとしても。

個人としての完結さと、集団としての完結さは時に矛盾する。
その隙間にこぼれた人にこそ目を向ける人でありたいと常々思うのは、まさに自分も境界線に近い存在だからなのだと思う。
不幸な犠牲者と平和な日常の境界線はか細く、いつ奈落に落ちても不思議ではないのに、自身の身に降りかかるまで実感を湧くことはできない。

生きたいという意志が薄くなった瞬間、闇に飲まれそうになる錯覚を感じる。
だから例えどんな理由であれ、こっち側に引き留めてくれる人達にはいつも感謝している。




No comments

Powered by Blogger.